サイトランスおすすめブログ!

サイケデリックトランスの曲やアーティストをおすすめします!

【初めての方へ】サイケデリックトランスの良さってなんだ?

サイケデリックトランスを好きになれない方が、世の中大半だと思います。これだけサイケを漁っている作者でも、やばくて踏み入れられない領域はあります。特にコア、ブレイク系は本当に意味がわかりません。笑

 

ですが、サイケデリックトランスといえど、裾野は非常に広いです。細かい分類も、これだけあります↓

psytrance101.hatenablog.com

 

今回は、作者が考える「サイケデリックトランスの良さ」を、一気に書いてみようと思います。

 

①束縛の中の創造力

サイケデリックトランスは、ジャンルとしての縛りが非常に厳しい音楽といえます。BPMも130~と相場が決まっていますし、主要なビートの刻み方も数えるほどしかありません。

ポップな音楽と比べると、圧倒的に発展性が無いように見えてしまいます。

しかし、実際はそうではありません。新しいアーティストが毎年現れ、新しいスタイルが続々と研究されています。DEKEL、Klipsunなどが良い例ですね。psytrance101.hatenablog.com

 

しかもここ数年、Armin van Buuren率いるトランス勢もサイケに参入し、表現の多様化が進んでいます。

youtu.be

Arminのサイケについて書いた記事はこちら!

psytrance101.hatenablog.com

 

②ジャンルとしての団結感

サイケデリックトランスはアンダーグラウンドです。サイケを作っても、儲かりません。

それでも、サイケのアーティストを志す人は後を絶えません。商業性ではなく、純粋にそのジャンルへの愛ゆえに、作曲に取り組んでいるアーティストがいます。

こちらは、オフビートサイケで有名になってきたアーティスト、Day Dinのショートドキュメンタリー。時には苦しい生活を強いられながらも、レーベル仲間と助け合って音楽を繋いでいく。そんな彼らの勇ましい姿が描かれています。

youtu.be

 

③病的なものは美しい

美しさには、病的な要素が付随していると思います。

美しい花も、いつかは枯れる。止まない雨もなければ、永遠の晴れもない。どんなに美しい夢でも、いつかは覚めてしまう。

そんな無常観悲壮感を湛えた曲が、サイケデリックトランスには数多くあります。特にアンビエントサイケは、こうした感情表現がとても豊かです。

youtu.be

ダンスミュージックでありながら、悲壮感を湛えている。非常に現代的だと思います。

Koanの記事はこちら!

psytrance101.hatenablog.com

 

④ランニングに使える

これは完全に個人の趣味ですね。笑

一つ思うのは、EDMは速度感に欠ける、ということです。ランニング曲のBGMとしては、着地のペースに合ったものがいいですよね。ですが、そんな曲がちょうどよく降ってくるとも限らないわけです。

サイケデリックトランスは、基本的に曲に速度感推進力があります。BPMが着地のペースと合わなくても、十分に走れるんです。

僕のランニングプレイリストの中核は、こんな曲です。

youtu.be

youtu.be

  

サイケを好きになって2年ほどになりますが、まだまだ未知のアーティストが溢れています。興味を持たれた方、ぜひ、調べてみてください!

 

Twitterの方もお願いします↓

twitter.com