サイトランスおすすめブログ!

サイケデリックトランスの曲やアーティストをおすすめします!

最強旋律の加速器【X-Noize】

高速で動く低音は、紛れもなくサイトランスの魅力の1つ。しかし、その速さゆえに、メロディーの設計が難しいのもまた特徴です。今回紹介するX-Noizeは、高速ベースラインと上層のメロディーラインの一体的な設計を得意とする、フルオン寄りのアーティストです。

 

X-Noizeとは?

X-Noize(エックスノイズ)は、Nadav BonenとBarak Argamanによるユニット。二人ともイスラエル出身で、2005年にデビューアルバム「Mental Notes」をリリースしています。

この二人は2010年にMajor7というサブプロジェクトを立ち上げており、そちらも現代サイケを牽引する勢力になっています。

彼らの曲の特徴は、高速ベースラインと相性の良いメロディー構成力。ベースラインの速度感を削ぐのではなく、むしろ強化する、緻密なメロディー設計を得意としています。

それでは、オススメ曲!

 

X-Noize & Sonic Species - Music

フルオンの著名アーティストSonic Speciesとのコラボ。まず魅力的なのは、これぞフルオン!といった感じの、容赦ない高速ベースライン。これだけなら普通のアーティストでもできるのですが、やはりX-Noizeの特徴はその優れたメロディー力。

3分過ぎからこの曲のサビになるメロディーを小出しにして、2分近くかけてゆっくり聴き手を焦らし続け、一気にサビに突入します。

youtu.be

 

X-Noize, Conwerter & Tom.C - Psychedelic Tools

高速テクノ・フルオンサイケのレーベルHarmonia Recordsで活動していたConwerterとの最強コラボ。Musicと比べるとベースラインの刻み方が柔らかく、キックを重視した構成になっていますが、これはConwerterの特徴です。

そしてやはり決め手はX-Noizeのサビメロディー。4:25から開始するこの曲の緻密な高速メロディーは、X-Noizeの最大出力だと思います!

youtu.be

 

X-Noize & Headroom - Soulless

フルオンをメインにつくるX-Noizeとしては、少々異端な一曲。癖の強いHeadroomが影響して出来上がるのは、オフビートとフルオンの中間をいく独特のベースライン。この曲にしかみられない、固有のリズムが作られています。

X-Noizeはメロディーでビートを刻むのも得意です。この曲には、そんな彼らのセンスも活かされています。

youtu.be

X-Noizeの姉妹プロジェクト、Major7も、また別の機会に紹介します!

 

X-Noize好きの方にオススメ! 

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

 

Vini Viciを語る!大人気の彼らがもたらした変化とは?

サイケデリックトランスは基本的にアンダーグラウンドですが、数年ごとに非常に人気を評するアーティストが登場します。

今、サイケ界隈で最も人気のアーティストといえば、問答無用でVini Viciでしょう。今回はそのVini Viciのうまさについて、オススメの曲を紹介しながら語っていこうと思います。

 

ビートの変化による新たな楽しませ方

サイケデリックトランスでは、曲を通して一定のベースラインが用いられるのが一般的でした。ですが最近では、ベースラインにも多彩な変化が導入されるようになってきています。

Vini Viciは、ベースラインの変化を究めています。

彼らの曲では基本、開始三分の一くらいのところにブレイクが挿入され、そこでビートがリセットされます。この曲だと、ちょうど3分のところですね。

youtu.be

ビートを一定時間続けたのち、ボーカルだけを残して低音を一度落とし、そこに低音を付け加えるかたちでドロップを仕留める。このような変化はVini Viciのトレードマークとなっています。これがVini Viciなりのサイケ感であり、人気の秘訣です。

サイケ界隈ではこういう曲構成を真似ようとするアーティストが続出していますが、センスの面でやはりVini Viciに差をつけられてしまっています。

 

気持ち悪さの再解釈

サイケである以上、一定の気持ち悪さ、有機性が備わっています。こうした性質を完全に排除してしまっていたら、Vini Viciは全く人気にならなかったでしょう。

ゴアトランスはインドの文化を引用・体現していますから、サンスクリット語の歌詞や概念が頻繁に用いられました。Vini Viciもこうした流れはしっかりと汲んでいます。Arminとのコラボ作品であるGreat Spiritも、おそらくですが、アメリカ原住民の概念を引用していると思います。国や地域は違いますが。

youtu.be

 

センスはやはり抜群

彼らの曲は、純粋に、めちゃくちゃノれるんです。時代の潮流を読んだとかそういうことではなくて、ドラムの挿入位置、ボーカルの編集、曲のテーマ設定などに関しては、天賦のセンスが備わっているとしか思えない部分があります。

youtu.be

 

ゴアや一昔前のサイケに親しんでいる人からすれば、Vini Viciのスタイルは外道ともいえます。しかし「Vini Viciはなるべくして人気になっている」ということについては、皆が認めざるを得ないと思います!

 

他にも、こんなアーティストが人気です。

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

 

高速メランコリックの王者【Magnus】

サイケデリックトランスの低音は、EDMのドロップと同様、曲をアゲるのによく使われます。bpmの速いサイケの場合、低音導入効果は絶大です。

強烈・高速の重低音を用いた明るい曲(いわゆるフルオン)は結構な数があるのですが、今回紹介するMagnusは、高速ベースラインにメランコリックなメロディーを乗せる、特異な作風のアーティストです。

 

Magnusとは?

Magnus(マグナス)は、2002年に活動を始めたアメリカ出身のアーティスト。Activa、Simon Patterson、Paul Oakenfoldらと同様、メインストリームのトランスとサイケの交配アーティストとして知られています。

現在、Paul Oakenfoldのサイケレーベル、Perfecto Fluoroで、新アーティストを発掘する役を担っています。

彼の曲の特徴は、高速で展開するベースラインにメランコリックな半和音的メロディーを載せることです。イケイケの速度感がありながら、どこか悲壮な部分がある-そんな絶妙な雰囲気がそそります。

それでは、オススメの曲!

 

Magnus - Neon Division

最下のFrozen Sunと同様、速度のある展開に、メランコリックなメロディーを徐々に溶かしていくスタイル。

アゲアゲな曲調からメランコリックな雰囲気への崩落、そしてそこからの再起動がやはりツボ。この曲は特に煮えきらない感じが良い。

youtu.be

 

Magnus - Autobahn

速度制限の定められていないドイツの高速道路、アウトバーン。そんな高速道路を深夜に疾走するような、速いbpm

曲の半ばから挿入される、煌めく町の灯りのような、柔らかい夢のような雰囲気のメロディーと、疾走する重低音のギャップが素晴らしい。作者が最初に購入したMagnus作品。

youtu.be

 

Magnus - Event Storm

上で紹介した曲よりもプログレッシブなスタイルだが、メランコリックな雰囲気と速度感の共存は健全な一曲。Event Stormという名前の通り、多様な展開が畳み掛けるように流れてきます。

Magnus特有の、繊細な女性ボーカルの使い方にも注目したいですね。

youtu.be

 

Magnus - Frozen Sun

スピード感のあるイントロから、一気に駆け抜けるように、曲の中腹まで持ち上げてきます。

その後、Frozen Sunというタイトルにふさわしい、氷雪に散乱された太陽光のような柔らかなメロディーが挿入され、ベースラインと心地よく合わさって、終盤に向けて美しく仕上げられていきます。

youtu.be

 

ダンスミュージックでありながら、一定の悲壮感を持っている…そんな彼の表現は、サイケならではのものだと思います!

 

Magnus好きの方にオススメ!

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

 

EDMはつまらない?サイケにあって、EDMには無いもの

皆さんはEDMは聴きますか?

今はサイケにどっぷり浸かっている作者ですが、最初にハマったダンスミュージックは、メインストリームのEDMでした。R3HAB、Afrojackあたりを結構聞いていました。その後、関心がトランスへとシフトして、最終的にサイケに行き着きました。

ということで、EDMはつまらないと思うようになった人々をサイケに引き込んでやろう!という魂胆で、EDMとサイケを比較してみます。

 

流れと展開

こちらはEDMの大人気DJユニット、Dimitri Vegas & Like Mikeのライブ映像。二分くらいの間隔で音楽をぶつ切りにし、その都度その都度上げて下げてという感じですね。

youtu.be

ぶつ切りにしてしまえば、曲の展開は考えなくても問題ありません。カッコいいメロディーに、いい感じのビルドアップを付けて、ひとつの山を作る。その山を並べていけば、曲とかミックスができるからです。

youtu.be

ただ、DTMをやってみて分かったのですが、いいメロディーをつくることはわりと簡単で、一番難しいのは、曲の展開の中でそのメロディーを位置付けることなんです。結果的に、どのアーティストも同じような作品を作ってしまいます。そうなってしまうと、つまらないんですよね。

メロディーがどんなに良くても、その最後のステップがうまくいかないと、作品としては全然ダメになります。その最後のステップをスキップしてしまうことに、納得がいかなかったんですよね。何様だよという話ですが。笑

 

陰鬱な雰囲気

DJをやられている僕のフォロワーさんが、「明るい曲ばかりプレイしていると鬱になる」とおっしゃっていました。私もそう思う部分があります。

EDMはパリピのイメージが強いと思います。人生を謳歌する、生きている歓びを謳歌する、みたいな。

youtu.be

でも人間って必ずしもそうじゃないんですよね。闇の部分を持っています。その闇の部分を抱擁してくれるような力は、EDMにはあまり見受けられないんです。

サイケと比べると、あまり感情に多様性がない。それもEDMのつまらなさなのかな、って思ってました。

youtu.be

ただ最近は、EDMでも、プログレッシブハウスやトラップ方面で、悲壮感のある曲調も好まれています。Kygo、Jonas Blueあたりですね。そういう意味では、EDMからも目が離せません。

youtu.be

 

大衆迎合

メインストリームEDMの人気レーベルSpinning Recordsを聞いてみると、明らかに最近はボーカルエディットを多用したトラップ系の音が流行っています。流れがあるなら、それに乗ろう、という精神が生きていますよね。

youtu.be

EDMでは、アーティストが一斉にころころとスタイルを変えます。僕が好きだったR3hab、Ummet Ozcan、Afrojackあたりは、皆迷走し、振り回されています。潮流がつまらないと、ジャンル全体としてつまらないものになってしまうのです。

それに対し、サイケはアンダーグラウンド。流行に乗ったところで、大した人気拡大は見込めません。だからこそアーティストは、自分の作りたいものを思うままに作ります。相手は大衆ではなくアーティスト自身。その研鑽を耳で見ているのは、非常に楽しいことです。

youtu.be

一見全部同じに聞こえるサイケですが、サブジャンルが数多くあります。これも、各アーティストがそれぞれの関心を持ってサイケを追求している現れです。

サイケに流行が無い訳ではありません。ここ数年は、Vini Viciを筆頭に、トライバルサイケの人気が急激に拡大しています。彼らはサイケ内にも結構な影響を及ぼしましたが、影響を全く受けなかったジャンルもありました。

 

このように、EDMに無い良さが、サイケには数多くあります。EDMはつまらないと思ってしまったら、ぜひサイケの方も聞いてみてください!

 

こんな記事も書いてます。

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

 

個性的な低音進行波【Mindwave・Anton Maiko】

サイケデリックトランスは、縛りの強いジャンルです。アーティストは自分の特徴を売り出していかなくてはなりません。そういう意味で、クセが必要になってくるのです。

今回紹介するMindwaveは、ちょっとクセのあるアーティスト。

 

Mindwaveとは?

Mindwave(マインドウェーブ)、本名Anton Maikoは、1985年生まれ、ロシア出身のアーティスト。幼い頃にイスラエルに移住しています。彼が作曲を始めたのは13歳の時。その後イスラエル音楽学校を卒業し、DJとして活動を開始しました。

本名Anton Maikoの名でも、最近活動を開始しました。主にIONO Musicのレーベルで活動しています。

彼の音の特徴は名状しがたいのですが、1つ言えることがあるとすれば、低音に縛られないこと、曲展開が非常に滑らかであることが挙げられます。

サイケには典型的な低音が何種類かあり、大体のアーティストはその低音をベースに曲を展開していきます。しかしMindwaveは、そのようなある意味迎合的なことはあまりしません。

それでは、オススメの曲に参りましょう!

 

Mindwave - Ancient Code

清楚なドラムからのスムーズな美しい展開で魅せる一曲。四つ打ちでもトリプレットでもない、特徴的なベースラインを用いています。

徐々に音を現していきながら密かに曲を盛り上げていくスタイルはやはりかっこいいですね!

youtu.be

 

Mindwave - Voyager

普通の低音を用いていますが、今回紹介する3曲の中では最も美しい曲かと思います。

ジャケット画像は宇宙空間ですから、人工衛星ボイジャーをイメージしているのかもしれません。未知の神秘的な空間を航行しているような雰囲気を豊かに演出してくれます。

youtu.be

 

Mindwave - 369

印象的なのは、池の底から泡が湧いてくるような、動きのある独特の低音。この低音って結構扱いが難しいんです。

サイケは重低音とそれ以外の音からなるシンプルな構成が基本です。しかし、このように音階を行き来する低音はそのバランスを崩しかねないため、使いこなせるアーティストはそう多くはありません。

www.youtube.com

 

Static Movement & Mindwave - Sources

IONO Musicの大御所、Static Movementとのコラボ曲。メロディー力のあるStatic Movementと、低音マネジメントの得意なMindwaveによる、新しいサイケデリックサウンドです。

369にも似た、動きのある低音。Mindwaveは最近このような低音にこだわっています。

にしても、すごい数の「いいね」です!

youtu.be

 

Anton Maiko - Insomnia

こちらはAnton Maiko名義のダウンテンポな一曲。アンビエントとまではいかないものの、非常に落ち着いた神妙な雰囲気で、ゆったりと曲を展開していきます。優しい音の雨を浴びるような、清潔感のある曲です。

youtu.be

 

いかがでしょうか?

なんとなくですが、Mindwaveは日本人ウケが良いのではないか?と思います!あまりうるさくない、整った印象が、僕の日本人的感性と結構合致しますね。

 

Mindwave好きの方にオススメ !

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com