サイトランスおすすめブログ!

サイケデリックトランスの曲やアーティストをおすすめします!

【サイケのベースライン研究その3】ベースラインで魅せる魔術師たち

サイトランスのベースライン研究編、最後の記事になります。前回2回の記事はこちらです:

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

今回は、特筆すべきベースラインのテクニックを持っている10のアーティストを、独断と偏見を元に選んでみました!

 

 

Sensient

Sensientらしいミニマルな雰囲気を保ちながら、ベースラインのパンを効かせ、その間を縫うようにアコースティックなメロディーが織り込まれていきます。とても整っていて、聞いていてうっとりしてしまうベースラインです。この音楽の先には圧倒的な世界観があります。

youtu.be

 

Suntree

ベースラインが複数の層になっており、曲が進むにつれて各層がうねるように現れてきます。こんなベースラインは、他にない。一度聞いたら、絶対に後でもう一度聴きたくなります。XTCとはエクスタシー(薬物)のことですが、その中毒性を忠実に再現している曲とも言えそう。この中毒的な性質こそがまさにSuntreeの特徴ですね。

youtu.be

 

Mindwave

池の底から泡が湧いてくるような、独特な動きのあるベースライン。音階を行き来する低音を使いこなせるアーティストはそう多くはいません。しかしMindwaveは、こうしたベースラインを好んで用い、かつそれを成功させる、稀有なアーティストです。多くのアーティストが彼に啓示を受けたように自らのベースラインを進化させています。

youtu.be

 

Florian MSK

Florian MSKによる、サイケデリックトランスというよりはテクノに近い一曲。金属性の高い音のみで構築される、妙にサイケデリックなクセがあります。展開を急がない余裕の曲構成も魅力的ですが、何と言っても、宇宙のような、深海のような、重厚なベースラインが唆ります。この重厚さがトレードマークのアーティストです。

youtu.be

 

DEKEL

DEKEL(ディケル)は、2017年から個人での活動を始めた期待の新人アーティスト。以下のTechnoaidは、著名レーベルであるHoMMegaで、超有名アーティストInfected MushroomやAstrixを抜き、再生回数最多の曲となっています。早いビートの間を滑らかに縫っていくような、うねりの効いたベースラインがトレードマークです。

youtu.be

 

Modus

「Strange Modulation」という反復フレーズが何と言っても特徴的な一曲。プログレッシブサイケらしい暴力的な入り方から、トレードマークの低音にスムーズにつなげていきます。オフビートのようなフルオンのような、他のどのサイケにも似てもつかない推進力が、Modusのベースラインにはあります。

youtu.be

 

Millivolt

Millivoltは密度の高いベースラインをよく用いますが、それが他の音を阻害せず綺麗に収まっているのが本当に見事です。充実したサウンドデザインのベースラインが作り出す空間に、他の音が絡んでいきます。3:35付近から始まる、海のそこから泡が湧いてくるような、広がりのある独特の効果音は、Millivoltのトレードマークサウンド。

youtu.be

 

Vini Vici

Youtubeでサイトランス史上おそらく最大の再生回数を記録。現在もその再生回数を伸ばしています。同時にこの曲は、Vini Viciの開発した新しいベースラインを世界に知らしめた作品でもあります。これは確実にサイトランスの歴史に残る一曲ですね。

youtu.be

 

Freedom Fighters

SEMはscanning electronic microscope、走査型電子顕微鏡の略。物質に電子をぶつけて電子が跳ね返ってくるのを記録し、スキャンするように立体を描き出す電子顕微鏡です。そして、この曲の最大の特徴は、ベースラインの大胆な左右移動。自分がスキャンされているように、ベースが左から右へと流れていきます。Freedom Fightersのクリエイティビティの爆発ですね。

youtu.be

 

Beat Bizarre

Beat Bizarreは、圧倒的な自信を以ってベースラインを全面的に押してくれるアーティスト。その中でもMyokymiaのベースラインは特筆すべき。ランダムに聞こえるベースですが、よくよく聴くと、非常に長いスパンでループしていることがわかります。こんなベースは他では聞いたことがありません。

youtu.be

 

いかがでしたか?気に入るベースラインは見つかりましたか?

この他にもベースラインが上手なアーティストは数多くいるのですが、彼らについては後のお楽しみにとっておこうかと思います!

 

こんな記事も添えて

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

 

【サイケのベースライン研究その2】ベースラインで魅せるテクニック

前回の記事では、サイトランスに使われる4つの基本的なベースラインについて書きました。ツイッターで多くの方から反応を頂き、私としても嬉しい限りです。

psytrance101.hatenablog.com

しかしこれだと皆同じベースラインになってしまいます。そこで、続編となる今回は、サイケのベースラインを魅力的に仕上げるテクニックをいくつか紹介します。

 

 

1. 細かく補間して推進力を増やす

これは、Vini Viciがよくやるテクニックです。

一般的なギャロップのビートを図式化すると、こんな感じになります。

20180809162152

 

Vini Viciは、このギャロップのベースの前に、少し弱いベースを2つ挿入します。

20180810162252

 

実際の曲で確認してみてください。1:40からそのベースラインが始まります。

youtu.be

2つのベースが他のベースと同じ強さだとフルオンっぽい仕上がりになり、少し古風なスタイルになってしまいます。弱めることによって、フルオンプログレッシブの中間をいく、特有の駆動力のあるベースラインを作ることができます。

個人的には、これこそがVini Viciの人気を下支えするテクニックの1つだと思っています。

 

2. グライドでグルーヴを作る

この前の記事で紹介した4つの基本ベースラインは、基本的に「点」で構成されています。点的なベースが高密度で連なっていくことによって、連続的なベースラインを形成しています。

しかし、それとは異なるアプローチでベースラインを構築しようという新しい動きがあります。それが、グライドを駆使して得られる、波のようにうねるベースラインです。実際の曲をみてみましょう。

youtu.be

youtu.be

このように、今までのサイトランスとは一風異なる斬新なタッチになります。

Modus、DEKELなどの新人アーティストは、このようなうねるベースラインを武器に知名度を上げてきています。しかし、存在感の強いベースラインなので、扱うのは簡単ではなさそうです。

 

3. 複層化して複雑にする

基本ベースラインの音程は一定であることが原則ですが、それだけで止まらないアーティストもいます。ここで紹介するのは、二層目のベースラインを作り出す手法。

この曲のベースラインを聴いてみてください。ベースラインは1:35からです。

youtu.be

この曲のベースラインを図式化すると、以下のような三層の構造が浮かび上がります。

20180810162246

 

複雑なベースラインは、全体像が見えづらいため、人を惹きつけて放さない魅力があります。プログレッシブトランスのアーティストたちが好んで用い、研究するテクニックです。

かっこいい複層ベースラインを思いついたら、ぜひ使ってみてください。需要があります。

 

4. キックを延長して奥行きを持たせる

4つの基本ベースラインは「点」です。そのため、工夫をしない限り、ベースラインが広がりを持たず、浅い仕上がりになってしまいます。

それを防ぐための手法の1つに、キックの重低音を延長して持続させる手法があります。図式化するとこんな感じです。

20180810162249

 

実際の曲をみてみましょう。ベースラインは0:50付近からです。

youtu.be

このテクニックでは、キックを強調する分、ベースラインの存在感が弱くなってしまうデメリットがあります。しかし、曲のテーマや作り出したい雰囲気次第では、むしろ効果的な表現になります。空間性豊かな表現をしたい時に有効な手法です。

 

5. パンを効かせて奥行きを持たせる

キックを延長するテクニックと同様、ベースラインの単調化を防ぐ手法の1つです。ベースラインの音を前後左右上下に振り分け、立体的に構築します。

実際の曲をみてみましょう。0:20付近からです。

youtu.be

キック延長と同じく、空間性豊かな表現をしたい時に有効な手法です。しかしこの手法でも、ベースラインの存在感が弱くなってしまうというデメリットがあります。

これを使っている曲はあまりありませんし、キック延長よりもレベルが高い技法だと思っています。

 

6. 音階を変えてメロディックに仕上げる

空間性を作り出すまた別のテクニックで、章節単位でベースラインをトランスポーズし、メロディーと連動させて動かしていく手法です。綺麗なメロディーを用い、ドラマチックに展開を演出するサイトランスに多い手法です。

実際の曲ではこんな感じの仕上がりになります。2:50付近から。

youtu.be

このテクニックも、ベースラインの複層化と同様、プログレッシブサイトランスを作る勢力の間で人気です。

 

ベースラインはサイケの質を決めるとても重要な要素です。耳を澄ましてその繊細な工夫を聞き分けるのも、サイケの楽しみ方の1つかと思います。

次回は、これらの手法を活用して作り上げられた優れたベースラインたちを、まとめて紹介します!

 

アルバム紹介も書いてます。

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

 

保存保存

【サイケのベースライン研究その1】4つの基本パターン

このブログの記事の数も、もう少しで100に届こうとしているところで、サイケのベースライン特集を投下しようと思います!

この【サイケのベースライン研究】シリーズは3本立てです。今回はまず、ベースラインの基本パターンを見ていきます。

 

 

1. オフビート

全ての基本となるベースライン。擬音語で表すと「ズンチャッ ズンチャッ」という風になります。

20180809162155

実際の曲はこんな感じです。

youtu.be

オフビートを使ったサイケ曲は、BPMが比較的遅めでキックが強いのが特徴です。そのため、メロディーが限定されてしまい、サイケ界隈では若干画一化している感も禁じ得ません。

しかし、ドイツや南米の勢力を中心に最近人気を集めているベースラインでもあります。面白い使い方に期待が集まるベースラインです。

 

2. ギャロップ

オフビートに1つ音を追加したベースラインです。擬音語で表すと「ズンダダ ズンダダ」となります。

20180809162152

実際の曲はこんな感じです。

youtu.be

その名の通り、馬が駆けるようなリズム感があります。同時にフルオントランスにも似た速度感があり、本格的なサイケのような雰囲気を持たせておきながら、新しい印象の曲を作ることが可能です。いいとこ取りのベースラインとも言うべきでしょうか。

最近流行りのプログレッシブサイトランスでは特に好まれるベースラインなので、サイトランスを作る方は、これを取り入れると受けが良いかも知れません!

 

3. フルオン

ギャロップにさらに1つ音を追加したかたちのベースラインです。その名前の通り、速度感が特徴のフルオンサイケデリックトランスで頻繁に用いられます。擬音語で表すと「ズダダダ ズダダダ」という風になります。

20180809162149

実際の曲はこんな感じです。

youtu.be

フルオンのために生まれてきたようなベースラインで、これを使うだけで疾走感のある曲を作ることができます

しかし、ベースとキックが高密度に配置されているため、メロディーを載せると音が汚くなりがちです。ベースラインと干渉しないメロディーを選ぼうとすると、何となく同じ感じのメロディーに収束してしまうのが難点です。

ちなみに、フルオンという名前は付いているものの、フルオン曲が全てこのベースラインで出来ているわけではありません。Astrixギャロップを好んで使っています。

 

4. トリプレット

Vini Viciなどのトライバルサイケデリックトランス勢力が好んで用いるベースラインです。擬音語で表すと「ズダダ ズダダ」という風になります。

20180809162147

実際の曲はこんな感じです。この曲の2:40あたりから始まるのがトリプレット。

youtu.be

Vini Viciの爆発的人気のおかげで、サイトランス界隈ではトリプレットが流行り、陳腐化しているとの見方もあります。しかし、トリプレットの扱いは簡単ではありません

上のGreat Spiritでもそうですが、トリプレット単体で曲を作ることは非常に稀で、基本的に上の3種類と組み合わせて曲を作ります。困るのは、曲中のベースラインの変化点で一気に曲が減速し、構築してきた流れが台無しになりやすい点です。

その点、Vini Viciは確実に他のアーティストよりも技術力が上と言えます。

psytrance101.hatenablog.com

  

この4つがサイケデリックトランスの基本的なベースラインです。

もちろん、ベースラインはこれらだけではありません。曲ごとに工夫して個性的なベースラインを作るアーティストも数多くいます。次回はそんなベースラインの工夫について紹介していきます!

 

参考動画(解説者の声が良すぎる)

youtu.be

 

この記事に登場したアーティストたちの紹介記事

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

 

保存保存

保存保存

迫り来る太陽【Trilithon】

サイトランスに浸ってきた自分としては、ゴアトランスに少々抵抗を感じます。サイトランスとゴアトランスはいろんな意味で異なるものだからです。

psytrance101.hatenablog.com

ただ、その壁を悠々と乗り越えてきたアーティストがいました。今回紹介するのは、Trilithon!なんと、私が生まれる前の時代のアーティストです。

 

Trilithonとは?

Trilithon(トリリトン)は、ゴアトランスの著名アーティスト。1992年リリースのアルバム「Trance Dance 128」は、ゴアトランスの名盤とみなされているようです。私が生まれる前の作品なので、実感としてはその人気は分かりませんが、曲はめちゃくちゃかっこいいです。

語彙の無さが光りますが、彼の曲の特徴は、太陽のような全体力だと思います。

太陽は圧倒的な駆動力を持って空を移動していきます。日の出があれば日没があるように、希望と絶望の両方を司る主体でもあります。宗教とまではいきませんが、そういう全体的な威力を感じます。

ちなみにトリリトンとは、2つの巨石で1つの巨石を支えるテーブルのような構造物です。ストーンヘンジを想像していただければイメージはつかめるかと思います。

それでは、オススメ曲!

 

Trilithon - Synrise

夜明け前を連想させる幻想的な雰囲気の中から強制起動させられるベースライン。日の出を意味するSunriseをもじったタイトルと曲の雰囲気の合致も抜群です。一日の始めに聞いて、テンションを上げるのに使いたい一曲ですね。

youtu.be

 

Trilithon - Choice

Choiceというタイトル、そして女性コーラスのボーカルエディットの効果でしょうか。ともかく、雰囲気がベートーベンの「運命」に似ているという印象を受けました。ベースラインとドラムの強制的な進行力が、残酷に進んでいく時間を表しているように思えます。

youtu.be

 

Trilithon & Astral Projection - Burning Up

メロディーが綺麗な、フルオンに似た疾走感のある一曲。ゴアトランス色が強い上の二曲と比べると、この国は非常にモダンな仕上がりになっています。

フォロワーさんはこの曲のメロディーを「泣き」と表現していました。アップリフティングトランスによく似た高揚感のあるメロディーが特徴的です。現代のトランス界でも十分通用するクオリティーですね。

youtu.be

 

Trilithonによる曲には、私が生まれる前のものも数多くあります。もう二十年以上も前の作品でもこれだけすごい作品がある。ゴアトランスもまだまだ掘り甲斐がありそうです。

 

こちらもどうぞ!

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

 

暑さを乗り切るための涼しいサイケ10選!

私が住んでいるところでは、連日猛暑が続いています。雨が降る兆候もなく、ひたすら暑いです。

それでもサイケを聴きたい!何なら、涼しいサイケを聴きたい!という希望にお応えします!

 

Sensient - Gorlitzer

膨らみを持った豊かな低音、技巧的で繊細な上層音、そしてギターによる丁寧な装飾。Sensient特有のミニマルな雰囲気を保ちながら、ベースラインの左右へのパンを効かせ、その間を縫うようにメロディーが織り込まれます。何とも美しい、完璧なサイケデリックトランス。


Sensient-Gorlitzer(Feat. Matthew Larner)

 

Koan - SlowMo

著名ダウンテンポサイケのアーティストであるKoanによる作品。

山の上の涼しいロッジに宿泊。朝起きて、窓を開ける。すると外は真っ白な霧の世界。時間が動いているのか止まっているのかわからない。そういう閑けさを讃える曲になっています。雰囲気で涼しくなれますね。


Koan - SlowMo (Placidity Mix) - Official

 

Beat Bizarre - Myokymia

Beat Bizarreは圧倒的な自信のある低音が特徴です。低音に自信がありすぎて、その低音が冷酷なまでに曲全体を支配し続けます。時に心を丸ごと底冷えさせる、そんな威力を持ったアーティストです。


Beat Bizarre - Myokymia

 

MVMB - Interstellar

宇宙といえば寒い。ということで、宇宙をテーマにしたMVMBによる曲。深い低音とドラム・ディレーが作り出す豊かな空間がとても宇宙的。宇宙人との通信が発生しているような表現、素粒子が飛び交う宇宙のボイド空間的な雰囲気があります。


MVMB - Interstellar

 

Digicult - Every Single Second (Memacid Remix)

フルオントランスでありながら妙に涼感のあるサウンドが特徴的だった一曲。メロディーと曲展開共に、氷の上を滑っていくように非常にスムーズです。


Digicult - Every Single Second (Memacid Remix)

 

Magnetik - Body Language

空間表現に敏感なアンビエント的感性を存分に発揮し、ディレーの効いた豊かなベースラインを軸に曲を構築していきます。夜の海岸線に打ち寄せる波を連想させる、うねりのあるベースラインが特徴的な一曲。そしてその波に押し流されるような感覚に浸り、夜の海水浴をしている気分になれます。


Magnetik - Body Language - 01 Body Language

 

Suntree - XTC

XTCは薬物の名前。一般的な薬物のイメージ、つまり恍惚とした空間を表現するのかと思いきや、その真逆の世界観があります。冷たくて、一定で、あまり動きがなくてもはや怠惰。喚起される対照的なイメージがむしろ高得点です。Suntreeならではの表現ですね。


Suntree - X. T. C.

 

Inference - Feel Free

XTCによく似た曲ですが、XTCよりも空間の広がりが豊かです。柔らかく空間に伝播していく低音ビートとベース・アープが非常に気持ちいい一曲。ソフトなサイケを作るアーティストで、今後も要注目です。


Inference - Feel Free

 

Carbon Based Lifeforms - Dodecahedron

アンビエントサイケの有名ユニット。プログレッシブなサウンドを主軸とした最新アルバム「Derelicts」より。Dodecahedronは正二十面体を意味しますが、それ自体が何を意味するのかはわかりません。笑


Carbon Based Lifeforms - Dodecahedron

 

Mindwave - 369

MVMBと同じく、宇宙をテーマにしたMindwaveによる曲。ボコボコと氷を叩くようなベースライン、そして氷にビシビシとヒビが入るようなドラムとシンバル。全体として氷の風景を連想させます。


Mindwave - 369

 

こんなのも一緒にどうぞ!

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com