Psykelopedia

サイケデリックトランスやゴアトランスの曲やアーティストをおすすめします。

透明水彩の空間画伯【Aes Dana】

どうもPsykeです。今回はAes Danaについて書いていこうと思います*1。 Aes DanaことVincent Villuisはフランスのアーティストで、リヨンに拠点を置くレーベル「Ultimae Records」をSandrine Grysonと共同で*2設立しています。Solar Fieldsと組んだユニットHU…

強くオススメしたいサイケ・ゴアトランスに共通するある特質

それは何かというと「低音が下がっていくやつ」です*1。ベースラインの音程は一定に保つ場合がほとんどですが、一部の作品では低音に音程変化が与えられており、その一部の作品で「共通の下がり方」が導入されています。今回はそれを採用している作品をまと…

最新曲!2021年1月編

Stayos, Dogma, ETN, Stefan Torto!

ゴアトランスエネルギーのアンフォラ【Man With No Name】

「還ってくる場所」感があるアーティスト。

ゴアトランスにとって2020年は何だったのか

知ってる範囲のゴアトランス関係の動きをまとめました。

【2020年版】サイケデリックトランス・ゴアトランスアルバム10選!

2020年リリースのアルバムから10作を厳選

【2020年版】サイケデリックトランス・ゴアトランストラック20選!

2020年、総集編です。

最新曲!2020年12月編

これで2020年のオススメトラックが出揃いました。

最新曲!2020年11月編

毎月のレビューを復活させます!

近未来的トライバルサイケの真骨頂【Apach - Wildlife】

トライバルでありながら現代的な固有のスタイルのアーティストの最新作。

オススメのネオゴアトランスレーベルたち

どうもPsykeです。 現在ゴアトランスをリリースしているレーベルは大別して二種類あります。一つは古い音源や廃盤リリースをデジタルなどで復刻するレーベル。そしてもう一つは新作をリリースしているレーベルです。前者についても記事を予定していますが、…

野に咲く小さな花【Smilk】

独自の地位とスタイルを確立しているオーストラリアのアーティスト

エネルギッシュな新星の誕生【Antares】

18歳でデビューアルバムをリリースした若手ネオゴアアーティスト

顕微鏡下に広がる小宇宙【Son Kite - Prisma】

ゆったりとした展開から立ち上がる精緻で有機的な風景の数々

サイケデリックトランス・ゴアトランスの魅力を語る:その2

深掘りします。

ストロング系ネオゴアの権化【Celestial Intelligence】

充実したメロディーと確実な進行力が持ち味!

ネオゴアトランスの定義に関する考察

厳密な定義が見当たらなかったので自分なりに整理してみました。

私がbandcampで音楽を買う理由

アーティストにも消費者にもメリットあり!

日常と連続した定常宇宙【Corkscrewed - Submarination】

低音とキックを止めない作品。

人のいない森の逍遥【Tottem】

Petran級のいいフォレストを作ってくれます。

暖流に包まれる海の旅【Neuroq - Catharsis】

最近入手したダウンテンポ作品の中では特にオススメです!

無機質から創出される有機的世界【ETN - Extinctive】

Zenon的無機性と有機性の調合

心を洗浄する光の波【Twinsonic - Chrysalis】

Twinsonicのデビューアルバムの紹介です

感情のうねりに身を委ねる【Koan - When the Silence is Speaking】

ギリシャ神話をテーマにしたKoanの作品です。

泣かせにくるサイケ・ゴアトランス10選

感情の嵐、美しい涙。

地上に降り立った天使【Jaïa - Blue Energy】

自然の絶対的な美しさを証明する作品です

ネオゴアトランスへの招待【Mystery of Crystal Worlds】

Artifact303、Skarma、Filteria、Alienapia、Khetzal、Mindsphere、Morphic Resonanceなどなど、重鎮が大集合。

早い段階で出会えてよかった作品たち10選

他の作品を量る時の基準となっている作品たち。

最新曲!2020年2月編

Bohemica, Static Movement, Kundaliniなどなど!

ゴア・サイトランスレーベルの設立年・創設メンバー・拠点等まとめ

サイケ・ゴアトランスレーベルのリスト(随時更新)