サイトランスおすすめブログ!

サイケデリックトランスの曲やアーティストをおすすめします!

サイケに挑むトランスの大家!【Armin van Buuren】

トランスのビッグネームとして知られるArmin van Buuren。ご存知の方も多いと思いますが、最近ではサイケに手を出すようになっています。

今回は、サイケ的な視点からArminの曲を見てみたいと思います!

 

Armin van Buuren - Blue Fear

1997年、当時19歳だったArminがリリースし、イギリスで爆発的なヒットとなった知る人ぞ知る名曲。強烈な低音とシンプルな曲展開、粘性の高い、やや憂鬱な雰囲気の和音がとてもサイケデリックです。

Vini Viciとは全然違うスタイルなので、是非聴いてみてください!

youtu.be

 

Armin van Buuren & Vini Vici - Great Spirit

2016年に爆発的なヒットを生み出したサイケユニット、Vini Viciとのコラボ。流行の最先端を行こうとするArminの姿勢が非常によく見てとれたコラボレーションでした。

この曲は完全にVini Viciが主導権を握っていますね。Arminらしさのようなものは、正直あまり見えません。

youtu.be

 

Armin van Buuren - Be In The Moment

Arminは、ハウスも積極的に取り入れています。Vini Viciと曲構成はよく似ていますが、この曲にはArminのハウスのドラムのセンスが生きており、彼がサイケを消化してきていることがよく分かります。

さすがはベテラン、低音のEQのうまさもやはり絶対的です。他のサイケと聴き比べると、やっぱり、違う。

youtu.be

Arminがきっかけとなって、トランスとサイケの融合が一気に開花しています。トランスの中での今後のサイケの展開にも注目したいですね!

 

Armin好きの方にオススメ!

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com