Psykelopedia

サイケデリックトランスやゴアトランスの曲やアーティストをおすすめします。

精神世界への脱出【Antares - Exodus】

どうも!お久しぶりです、Psykeです。今月はやっぱりちょっと更新が...なんて弱音を吐いている訳には、いかな、いい、、笑

さて、最近はサイケデリックトランスに限らずゴアトランス掘りにも結構力を入れているのですが、今回はその過程で見つけたちょっとした掘り出し物を紹介しちゃいます!

  

Antaresとは?

Antares(アンタレス)、本名Simon Felixは、ベルギー出身の若手のアーティスト。彼の特徴は、強めのキックとやわらかめのベースラインの組み合わせ、洗練されたゴア感覚です。303をふんだんに用いつつ、滑らかな展開と適度な喧騒を持った現代的なゴアトランス作品を生み出してくれます。いわゆるネオゴアというやつでしょうか。

今回紹介する「Exodus」は、Antaresが2011年、18才の若さでリリースしたアルバムです!オススメの曲別にみていきます。

 

Antares - Astral Plane

詳しくはないのですが、「アストラル」はスピリチュアル系の単語。Astral Planeは、生死を超越した高度な精神世界のことを表すようです。ちなみに、精神が身体から遊離してAstral PlaneへとトリップすることをAstral Projectionと呼びます。Astral Projectionは著名サイケアーティストですね。

この曲の階段状に展開していく艶めかしいメロディーとベースラインは、まさしくそんな別世界へと優しく誘ってくれるような作品です。

 

Antares - Aurum Solis

 Aurum Solisもスピリチュアル系の単語で、エジプトの神話を基調に構築されたスピリチュアル世界観の1つらしいです。

速めのBPMと裏で密かに動き回るベースライン、そして高速で飛び交う上層音。Astral Projection(アーティスト)の作品を連想させます。雰囲気はAstral Planeとよく似ていますが、もっと速度重視。音で満たされたい時に聞きたい一曲ですね。

 

Antares - Mount Meru

Aurum Solisに続き、10分超えの大作。303を相変わらずふんだんに使っていますが、上記の2作品とは異なり、イスラエルトランス寄り、ベースラインを重視した堅いスタイルをとっています。この堅さはYahel - Waves of Soundを連想させますね。

ベースラインの重さも現代的なので、フルオンサイトランスがお好きな方にもオススメしたいです。

 

こうしてExodusの一曲一曲を細かく聞いてみると、ゴアトランスやイスラエリトランス的な性質をいくつも発見します。バチバチのゴアトランス感があまりしないのも、サイケ上がりの私が惹かれる理由かもしれません。

 

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com