サイトランスおすすめブログ!

サイケデリックトランスの曲やアーティストをおすすめします!

音楽の原点、アフリカに還る【LOUD - 5 Billion Stars】

さて、新しいコーナーでも始めようと思います!お気に入りのアルバムを紹介していきます。

その第一回は、LOUDによるこちらのアルバム。アルバムから曲を抜き出して紹介していきます。

 

どんなアルバム?

民族的な音を多用するトライバルサイケと呼ばれるタイプのサイケデリックトランスアルバムです。アフリカやオーストラリアの原始的な音楽やその精神性をテーマにした構成となっています。

ビートの刻み方やサンプリングに、他のアーティストの他の作品とは全く異なる「臭さ」があり、アルバムとしての完成度・純粋性が非常に高い作品になっています。

それでは収録曲を見ていきましょう!

 

LOUD - 5 Billion Stars

こちらはオーストラリアのアボリジニ文化をイメージした仕上がりの曲。アルバムの中では最も民族的な臭さが濃厚に演出されている曲かと思います。

ボーンボーンと広がるベースラインとシンプルでクセの強いドラム、そして多様な変化。アルバムタイトルに相応しいクオリティーですね。

youtu.be

 

LOUD Feat. Emok & Vice - Om

メディテーションの音声をサンプリングした曲。この曲を聴いて最初に持つ疑問は確実に「これは音楽なのだろうか」です。よくもまあこれを10分以上続けるものです。

メロディーはなく、ゆったりとビートが刻まれ、適当と思しき位置にドラムに相当する音が挿入されるだけ。ドラムとビートが巧妙にずらされていて、曲全体がものすごくねっとりした雰囲気に包まれています。

youtu.be

 

LOUD - Africa 101

僕のツイッターアカウントにもある「101」は「初心者向け」という意味を持っています。アフリカという地域の紹介のようなイメージでしょうか。

この曲の最大の特徴は冒頭部分のベースラインとボーカル。LOUDというグループの音・リズムセンスが最大限に発揮されています。一度聞いたら脳から離れない、このアルバムの中で最も印象的な曲ではないでしょうか。

youtu.be

 

いかがでしょうか?

サイケにはこのように文化的な色の強い曲が数多くあります。こういうのを探してみるのも楽しいですよ!