サイトランスおすすめブログ!

サイケデリックトランスの曲やアーティストをおすすめします!

テクノサイケに新風を巻き起こす【Modus】

最近、新手の低音が流行り始めています。

サイケでは、ピッチシフトやディレーを効かせた高音域と非常に思い低音が混在する、絶妙なバランスの音楽です。低音が主張しすぎると耳に悪いですし、逆に弱すぎると推進力に欠けます。いずれにしても、激しく動く低音は非常に扱いづらいものと言えます。

今回紹介するModusは、非常に元気に動く低音を使いこなすアーティストです。

 

Modusとは?

イスラエル出身のModus(モーダス)、本名Asaf Tsemschは、去年、著名レーベル「HOMMEGA」に参加したばかりの新進気鋭のアーティスト。今年にデビューアルバムを出す予定です。

特徴は、膨らみを持ったベースライン。グライドを効かせた、動き回るような低音が特徴です。それに合わせた独特のドラム挿入術も、聞き所です。

最近、このような低音を使ったサイケが増えてきています。新しい種類のサイケが生まれるかも?? 

それでは、オススメ曲!

 

Modus - Strange Modulation

「Strange Modulation」という反復フレーズが何と言っても特徴的な一曲。サイケらしい暴力的な入り方から、トレードマークの低音にスムーズにつなげていきます。

オフビートのようなフルオンのような、他のどのサイケにも似てもつかない推進力があります。僕が初めて聞いたModusの曲で、即買いしました。

youtu.be

 

Modus - Expedition

壮大な雰囲気のあるイントロから、トレードマークのバウンシーなベースライン(カタカナ多すぎw)を投入し、一気に持っていってくれます。

2:10頃から開始するロボットのような汚い効果音がこの曲のイメージを決定しています。シンプルな小技で魅せるのも、優れたアーティストならではの能力ですよね。

youtu.be

 

Modus - Organic Panic

上の二曲と同じ元気な低音を速め、速度感を持たせた一曲。

音は普通のサイケにひけを取らないくらい複雑ですが、これだけ存在感がある低音で、これほどの速度を持たせられる技量は本当にすごい。音響制御が普通のサイケよりも難しいと思います。

youtu.be

 

Modus & GeneTrick & Sawlead Ground & Fender Bender - Rise Of The Jalapeno Cartel

4人のコラボ。多彩な変化を見せるプログレッシブサイケが集まる著名レーベル、Alien Recordsでリリースされた一曲。Organic Panicと同じ速度感に、Alienならではの有機的なギター音が重ねられていきます。

GeneTrickやSawlead Groundなどの有名アーティストとコラボできるくらい、Modusの人気も高まっています。

youtu.be

 

Modusのサイケは、新しいです。もしかしたら、この先のサイケのあり方を変えてくるかもしれませんね。

それでは、また来週!

 

Modus好きの方にオススメ!

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com