Psykelopedia

サイケデリックトランスやゴアトランスの曲やアーティストをおすすめします。

容赦ない低音進行力【Space Cat】

今回紹介するSpace Catは、90年代から活躍するベテランのアーティスト。時代に合わせてスタイルを変えてきた彼の作品とは?

 

Space Catとは?

イスラエル出身のアーティスト。本名はAvi Algranati。1997年にSpace Cat名義での初アルバム「Beam Me Up」をリリースしています。2005年にはイスラエルでトップDJの座に輝きました。Gran Turismo 4などのゲームのサントラも手がけるなど、幅広い層から支持されています。

彼の最近の曲の特徴は、執拗な重低音で裏打ちされた進行力。安定した低音力で、どんな曲でも無難に展開してくれる、頼もしいアーティストです。

それではオススメの曲!

 

Space Cat & Simon Posford - Invasion

デビューアルバムに収録された一曲。デビューアルバムながら、Hallucinogenとして有名な超大物アーティストとのコラボを果たしています。その時点で才能を感じますね。

曲としては、90年代サイケらしい有機的な音構成やテクノ志向が感じられます。Simonの良い影響かもしれませんね。

youtu.be

 

Freedom Fighters & Loud - Zapped (Space Cat remix)

私が最初に出会ったSpace Catの曲。

この曲の特徴は、容赦なく始まり、なんの躊躇もなくぶつ切りにされたり再開されたりする、乱暴ともいうべきベースライン。

上層の音にはメロディー性が全くなく、聴き方によってはテキトーに音を載せているだけに聞こえます。実際そうなのかもしれないけど、でも、なぜか耳に残る…!!

 

Space Cat & Audiotec - Crystal Sense

Space Catの最新曲。精緻なメロディーを載せたメロディックフルオンを得意とするアーティスト、Audiotecとのコラボ。

Space Catならではの重低音と、Audiotecの適度に浅いベースライン、非常に良い聴き心地です。この2人の生み出すシナジーは、最強以外の何物でもありませんね。

 

Space Catの作るサイトランスは、一般的感覚からしてもカッコいいものが多いです。オススメするならまずはSpace Catからでも良いかもしれませんね!

 

Space Cat好きの方にオススメ!

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com

psytrance101.hatenablog.com